ふらふら。なう

ふらふら。なう

ふらふらしながら、主にWebとVR技術のこと、映画の感想、体験したサービス、気になったことなどに関してゆるく書いていきます。

ついにシリコンバレーへ。in サンノゼ 【シリコンバレー旅7日目】

f:id:furafura-nau:20160304100855j:plain

(写真:http://www.metrosiliconvalley.com/2014/04/08/what-to-do-if-you-are-mediocre-in-silicon-valley/

今日は、ようやくシリコンバレー入りする日です!

メトロ地下鉄を利用して、メガバス乗り場のあるユニオンステーションへ!

 

 

ユニオンステーションに到着して、前回は門前払いされたおじさん(根に持つタイプなので、顔を覚えてしまってます。笑)からバスの乗車券をもらいます。

 

us.megabus.com

 

事前に上のサイトから予約していたので、番号を伝えると乗車券のようなものをもらいました。(ちゃちい。笑)

f:id:furafura-nau:20160304101008j:plain

 

これを持って、バスを待っていると…

 

来ました!メガバス

 

f:id:furafura-nau:20160304101031j:plain

(↑メガバス。本当に大きいです。)

 

番号が「1」から順番に呼ばれていきます。

無事、僕の番号も呼ばれ、バスに乗車しました。

(一度乗れなかった経験があるので、乗れただけでちょっと感動を覚えました。笑)

 

バスの中では1階と2階があって、1階の普通の座席に座りました。

割と車内はスカスカの状態で、発車!

 

f:id:furafura-nau:20160304101046j:plain

 (↑バスの中からの景色。)

こんな感じの景色がずっと続きます。

 

1時間半くらい走り続けたところで、少しサービスエリアで休憩時間がありました。

 

f:id:furafura-nau:20160304101152j:plain

 

ちょうどお腹も空いていたころで

ここには、スタバ・マック・イン&アウトバーガーなどがあったので

イン&アウトバーガーを食しました。

 

f:id:furafura-nau:20160304101208j:plain

(↑サービスエリアにも、イン&アウトバーガー。)

  

相変わらず美味しかったです。

 

休憩が終わって再びバスに乗り込んで、また同じような景色が続きます。

 

「いい景色だな~。」

と思っていた矢先…。

 

突然、動物臭がするようになりました。

「なんだ?誰か漏らしたか?笑」

と思って周りを見渡すと…

 

 

「うわ!」

 

 

右にも左にも一面の牧場が広がっていて、何万頭?何十万頭?分からないですが

とにかく見渡す限りの牧場に、びっしりと牛がいました!

(写真が撮れていなくて残念です。)

 

畜舎に押し込められたその景色はまさに圧巻。

自然界とはかけ離れた、人間のエゴを感じましたね。

 

それから特に景色も変わり映えなかったので、寝ていると

約7時間のバスの旅を経て、19時ごろにサンノゼに到着しました!!

 

サンノゼからは、バスに乗って今日の宿に向かいます。

バスに乗ろうと思って歩いていると、たくさんの人が。

 

f:id:furafura-nau:20160304101526j:plain

(↑同じようなユニフォームを着た、たくさんの人。)

 

近くにいた人に聞いて見ると、シャークスという地元アイスホッケーチームの試合があったそうです。

4travel.jp

観戦した方の記事があったので、参考までにどうぞ。

 

もちろん僕は、シャークスファンではないので、サンノゼ市民がシャークス熱に沸いている中、静かにバスに乗り込み、今日の宿に向かいました。

 

宿に到着すると、久しぶりの日本人のたくさんいる日本語を話せる環境!!

なんだか懐かしかったです。笑

宿泊させてもらうのは、3日までお世話になる“Otokichi”という日本人向けのシェアハウスです。

otokichi-project.com

シリコンバレーで、日本人向けにシェアハウスをしているのは、ここだけなのではないでしょうか。シリコンバレーに訪れる方は、是非とも利用してみてください。

 

今回は、4人部屋に僕ともう一人しか泊まっていなかったので、広々快適空間でした。

 

宿で一旦ゆっくりして、お腹が空いたので、近くのサブウェイに行くことに。

 

f:id:furafura-nau:20160304102307j:plain

(↑サブウェイのおじさん。商品を作ってくれています。)

サブウェイのおじさんは、フランクで、気さくに話をしてくれました。

日本でサブウェイに行ったことがなかったので、システムを知らないのですが、こちらでは野菜を全部盛りにしても値段は変わらないそうなので、全部盛りにすることに。

 

日本で頼むサイズの2倍はあるんじゃないかと思うサイズで、大満足でした。

 

「ありがとう、おじさん。」

 

おじさんに感謝を込めて

今日はこの辺で。