ふらふら。なう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらふら。なう

ふらふらしながら、主にWebとVR技術のこと、映画の感想、体験したサービス、気になったことなどに関してゆるく書いていきます。

完全未経験から3ヶ月!始めるか悩んでいる人向けに、今までのプログラミング学習経過まとめてみた。【エンジニア, プログラミング】

エンジニア プログラミング ノウハウ

f:id:furafura-nau:20161001190733j:plain

 

「プログラミングって興味はあるけど、なかなか始められないんだよなぁ…。」

「…そもそも何から始めたらいいのさ!!」

 

ていう人に向けて、完全なる未経験からプログラミング学習を始めて3ヶ月経った今までやってきたことを詳細に書いてみたいと思います。

 

 

興味があるけど、プログラミングを始めようか迷っている人のほとんどは

「どれくらいコミットしたら、どれくらいのレベルになるの?」

「何一つわからんのですが、何から始めればいいのさ!?」

ていう2つの疑問を抱えていると思うので、それについて詳しく書いていきます!

 

ちなみにプログラミング開始当初の僕のスペックは、「htmlとCSSって何が違うのさ。」状態の完全未経験の文系大学4年生でした。

 

 

【0ヶ月目】プログラミング始めたきっかけ

 

f:id:furafura-nau:20161001185912j:plain

「プログラミングを始めたきっかけって何だったんですか〜?」

と、悩めるプログラミング興味あり未経験者から聞かれることが多いです。

ですが、始めたきっかけは…

 

ぶっちゃけ覚えてません。笑

 

シリコンバレーに行った時、現地エンジニアの優秀さと活躍に刺激受けてエンジニアの周辺知識をググってたら、いつの間にかコード書き始めてましたね。(←7月頭頃)

 

結構気にする人多いけど、そもそも始めるきっかけなんてどうでもいいですよね。

始める前にエンジニアになる理由とかプログラミング頑張る理由とか考えずに、

「この記事読み終わった瞬間に、コード書いてみればいい」と思います。

 

ポイント①:理由どうでもいい!とりあえずコード書き始めよ〜!

 

 

【1ヶ月目】記事読みあさり & Progateにハマる

 

「プログラミングって黒いコードに文字を打ち込んだらいいんだよね?そしたら勝手にパソコン上に文字とか表示されるようになんの?」という状態だったので、まずはざっくり全体像をつかもうと、「プログラミング」と検索をかけて記事を読み込みまくりました。

 

記事100本(1日15本 × 7日)くらい読み込んだところで、ある程度プログラミングが何をすることなのか理解できてきて、無料学習サイトの”Progate”が一番学習効率が高そうだと目星をつけました。

 

prog-8.com

 

未経験者が絶対つまずく”環境構築”をしなくても、すぐにコードを打ち込んで反応を見ることができるので、未経験者にはうってつけです。

 

ここから、Progate漬けの日々を送ります。

テスト期間だったけど、テスト勉強もそっちのけでコード書きまくりました。

 

ポイント②:完全未経験なら、Progateが断然オススメ!

 

 

 

【2ヶ月目】TECH::CAMPに通い始める

 

ちなみにこの時点でのProgateやり込みレベルはこれくらい。

f:id:furafura-nau:20161001193854p:plain

 

見事にRubyに偏った言語学習してました。笑

 

 

各講座2・3回繰り返しやりこんだので、Progateで学習することにもさすがに飽きてきて、本格的に学びたいなぁと思うように。

そこで、巷で噂の”TECH::CAMP”の1ヶ月コースに通うことにしました!

 

tech-camp.in

 

「人生を変える1ヶ月」というキャッチコピーにグッときますな。

 

ある程度自習が進んで解消できない疑問点も出てきていて、

「1ヶ月間メンターにいつでも質問できる環境は最高だなぁ。」

ということで通い始めました。

 

furafura-nau.hatenablog.com

 

TECH::CAMPに関して詳細はコチラ↑↑をどうぞ。

 

環境構築からサービスを実際にリリースするところまでやりたいなら、メンターと相談できる環境がもらえるTECH::CAMPはオススメですね。

学生だったら6万円前後だし。安い安い。

 

ポイント③:サービスリリースまでやりたいならTECH::CAMPがオススメ

 

 

【3ヶ月目】エンジニアインターン開始(←今ここ)

 

TECH::CAMP一旦終わって、9月前半はコード書くことから一旦離れて

個人事業

・イベント参加 / イベントスタッフお手伝い

・営業内定取り消し→エンジニアで内定もらうための就活

とかに時間使ってました。

 

この頃、自分のプログラミング能力は上がっているのか、次に何に取り組めばいいのかわからない状況に陥ってしまったので、

①「インターンで業務に携わらせてもらう」

②「自分でオリジナルサービス開発する」

どちらかが必要だと考え、エンジニアインターンを開始することにしました。

結果的には、エンジニアインターンを始めたことで、社内の優秀なエンジニアの方々にアドバイスをもらったり、一緒に働くことで自分のやるべきことが見えてきたので、インターン開始して良かったと思います。

(もっと早く始めていても良かったかも!)

 

ポイント④:ある程度行き詰まったらインターン参加すべし。

 

 

9月後半は、エンジニアインターンを渋谷で開始してRailsチュートリアル「Paiza」に無限に取り組みました。

 

railstutorial.jp

 Railsチュートリアル = 実際に開発を進めていく上で必要な知識の理解、Twitterの類似サービスの作成とHeroku(無料で一般向けにWeb上で公開できるサービス)へのアップまでをこなしていきます。

 

paiza.jp

 

Paiza = プログラミングの基本的な構造を「スキルチェック」することができる。EクラスからSクラスまであって、自分のプログラミング能力を計測すると同時にトレーニングすることができます。(わからない問題の答えは見れないようになっているので、内省しにくい点に注意。)

 

f:id:furafura-nau:20161002093034p:plain

(写真:https://paiza.jp/guide/guide

 

ちなみに僕は未だCクラスです。笑

 

 

そんなこんなして、7月頭にコード書き始めて今ちょうど3ヶ月終わったくらいですね。 

3ヶ月経った今では、エラーが出てもググって解決法を試していけばある程度は解決できるようになりました。

プログラミング初心者にとって、先人の遺産(エラー解決の方法が何かしら記事化されている。)があることは大きいです。めちゃくちゃ学習しやすい環境が整っていますね。

 

ちなみに死ぬほどググってもわからないときは、

 

Qiitaを参照するかteratailで質問するようにしていますが、それでほぼすべての疑問は解決されます。

 

qiita.com

 

teratail.com

 

 

3ヶ月経ってようやくインターン先の業務に携われそう?なレベルまでやってきました。(僕は非効率も多かったので、もっと効率よく迅速に学習できると思います。)

 

これから、Githubを使いながら割り振られたIssue(システム上の解決する課題)を解決していくことで、Railsエンジニアとしての能力を向上させていきたいと思います!

 

 

個人的にインターンシップの紹介なども行っているので、

「実はエンジニア興味あって、長期インターン参加考えてます!」

ていう学生は、お気軽にご連絡ください( ´ ▽ ` )ノ

  

何かしらアドバイスできればと思います〜!