ふらふら。なう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらふら。なう

ふらふらしながら、主にWebとVR技術のこと、映画の感想、体験したサービス、気になったことなどに関してゆるく書いていきます。

ウシジマくんの知られざる過去を描く『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』作品の感想と考察。(ネタバレ注意)【映画】

映画

f:id:furafura-nau:20161023101900p:plain

(写真:http://ymkn-ushijima-movie.com/movie_final/index_pc.html

 

闇金ウシジマくんの最終作『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』を観てきました!

公開日が待ち遠しすぎた本作品の感想と考察を書いていきます!

 

 

ウシジマくんシリーズの最終作とされる本作品。感想を書いていきます。

 

Part3のおさらい

 

furafura-nau.hatenablog.com

 

3週間前くらいにPart3を観て、めちゃくちゃ楽しみにしていたザ・ファイナル。

 

原作の「ヤミ金くん編」を描いた本作は、ウシジマくんの過去の因縁となぜ金融屋をやることになったのかが描かれています。

ヤミ金くん編やられたらやり返す精神でリンチしてきた同級生全員に報復するところなど、大人になったウシジマくんと変わらぬ生き方をする中学生時代のウシジマくんが表現されています。

 

ウシジマくん=クズを助けて何になる。奪われたら奪い返す。

竹本=人が人を見捨てたらいけない。強欲は罪。

というウシジマくんと竹本(中学生時代の同級生)の考え方の違いと、そこから生まれるそれぞれの境遇が対比されていて、面白かったです。

 

 

 

映画の感想と考察

 

 

 

描写がリアルでグロすぎる

 原作もなかなかにグロい描写がされていますが、本作でも痛々しいシーンがふんだんに使われています。

 足が切り落とされたり、唇が切り落とされたり、頭にハサミが突き刺さったり、シンナー吸い込んだり、気分が悪くなるような描写が盛り沢山。

 観ていて気持ちいいものではないので、グロイ系無理な方は観ないほうが良いかもですね。笑

 

 

主題歌:『Good-bye』 Superfly

 ウシジマくんが沈黙のまま止まってしまうシーンから、暗転。

最後に流れるSuperflyの『Good-bye』。

 

観ている側からすると、「ここで終わり?!」という感じでした。

 

「ウシジマ。てめぇに仲間なんて本当にいるのか?」

という予告映像を観ると、「犀原が柄崎や高田にけしかけて、ウシジマくんが彼らに裏切られるのかな?」と思ったけど、柄崎も高田は最後までウシジマくんを裏切ることはなかったし、犀原がウシジマくんに報復をすることもありませんでした。

 

特にハッピーエンドでもバッドエンドでもなく、ウシジマくんが何を考えているのか分からず、モヤモヤ状態で終わってしまって完全に消化不良。

 

結局何が言いたかったんだろう。

久しぶりによくわからない映画でした。笑

 

 

 

おまけ

 

ウシジマくん☓ホリエモン対談

 

『ウシジマくん』と『ホリエモン』の対談から生き方や、考え方を学ぶことができる本。

 

www.shogakukan.co.jp

 

2人共、合理的で冷徹なイメージがありますが、どのような対談になっているのか気になります。今度読んでみます〜。

 

 

総じて、今回の映画はよくわからなかった。

Part3は他人にめちゃくちゃ勧めたいけど、ザ・ファイナルはそんなに観なくてもいいのではと思ってしまいましたね。

 

おわり