ふらふら。なう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらふら。なう

ふらふらしながら、主にWebとVR技術のこと、映画の感想、体験したサービス、気になったことなどに関してゆるく書いていきます。

2017年個人的に観たい映画14本タイトルと公開日をまとめてみた【映画】

f:id:furafura-nau:20170201162718j:plain

 

 2017年も早くも12分の1が終わってしまいましたが、2017年公開予定で観たい映画とその公開日をまとめてみました!

 

 

 

2017年観たい映画一覧

 

 

『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』:1月7日(土)公開 

(引用:http://eichmann-vs-bauer.com/

 

 ナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの捕獲作戦を成功させた検事長フリッツ・バウアーを描く作品。

当時の時代背景などをしっかり理解してから観たい作品です。

 

 

沈黙-サイレンス-』:1月21日(土)公開 

(引用:http://chinmoku.jp/

 

 遠藤周作の小説をマーティン・スコセッシ監督が28年の構想期間を経て映画化した作品。

 

この映画を撮るのにこれほど時間がかかった理由の一つは、この25年間私が日本の文化をより深く理解する必要があったからです。

(引用:News Zero 「スコセッシ監督×浅野忠信対談」より) 

 

 と、スコセッシ監督のこの映画に対しての入れ込みようは半端ではないです。江戸の隠れキリシタン弾圧を描いた注目大の作品です。

 

 

未来を花束にして』:1月27日(金)公開  

(引用:http://mirai-hanataba.com/

  

 1912年のイギリス・ロンドン。夫と息子の3人で幸せに暮らしていたモード・ワッツが、WSPU(女性社会政治同盟)のリーダーであるエメリン・パンクハーストの演説を聞き、女性参政権の獲得に向けて立ち上がる。

 

 現代と当時の社会の違いをみながら、今の社会背景がどのように生まれているのかを考えてみたいですね。

 

 

キセキ −あの日のソビト−』:1月28日(土)公開 

(引用:http://kiseki-movie.com/ 

 

 メンバー全員が歯科医師免許を持ち、北海道・沖縄・福島でバラバラに暮らしながら活動を続けるGreeeenの結成当初の物語。作中で使われる楽曲「ソビト」は、Greeeen発足時につくられたもの。

 

 去年9本もの映画に出演している菅田将暉くんの歌声に注目ですね。てか1年間で9作品出演て…。スケジュール爆発しますね。

 

  

スノーデン』:1月27日(金)公開 

(引用:http://www.snowden-movie.jp/

 

 2013年6月にアメリカの国家安全保障局が市民のインターネット情報を収集していることが、国家安全保障局の職員からの内部告発から発覚した。現在はロシアに亡命しているスノーデンのドキュメンタリー映画。

 インターネット情報をいかに収集していたのか、スパイ行為をどのように遂行したのかなど、個人的には技術的な点も気になる映画です。

 

 

海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』:2月11日(土)公開  

(引用:http://www.bitters.co.jp/umi/

 

 透明度の高いターコイズブルーの美しい海で有名なイタリアのランペドゥーサ島。そこでのニュースでは報道されない出来事を描く。

 普段うかがい知ることもできないイタリア最南端で何が起こっているのか。独立戦争中、13歳で家族と離れてイタリアに退避したジャンフランコ監督は何を伝えたいのかに注目して観てみたい作品です。

 

 

愚行録』:2月18日(土)公開

(引用: http://gukoroku.jp/

 

  人間の愚行が複雑に絡み合って生まれた事件を描く作品。妻夫木演じる記者の田中が関係者へのインタビューをしていくことで事件の真相が明らかになっていくさまは、黒澤明監督の羅生門に近いものを感じますね。

 結末がどのようになるのか注目しながら観ていきたい作品です。

  

 

世界でいちばん美しい村』:3月25日(土)公開 

(引用:https://himalaya-laprak.com/

 

 M7.8の大地震が発生し、300万人が被災して9000人以上の人々が亡くなったネパール大地震。そこでの震災後の様子を描いたヒューマンドキュメンタリー映画。

 政府の危険指定地域に指定されたラプラック村で、信仰心の強い長老たちの葛藤やネパールの大自然、作品中で流れる笛の音など、見どころの多い作品。

 

 

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』:3月25日(土)公開

(引用: http://jackie-movie.jp/

 

 ジョン・F・ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディの視点から、ケネディ暗殺事件の前後を描いた作品。

 暗殺された大統領の妻は自分の役目を何と考え、どのように行動するのか注目の作品。

 

 

ゴースト・イン・ザ・シェル』:4月7日(金)公開

(引用: http://ghostshell.jp/

 

 日本が世界に誇る攻殻機動隊の実写映画で、スカーレット・ヨハンソンが主人公の少佐役を演じる。脳が最強の捜査官、体は義手の少佐をどのように演じるのか、そもそもストーリーはどのようなものになるのか、大注目の作品。

 2008年からドリームワークスが制作を進めてきた作品。どのような世界観で描かれるのか公開が待ち遠しいです。

 

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』:7月1日(土)公開

 (引用:  http://pirates.disney.com/

 

 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの最新作。2014年から制作が進められており、キャストの契約問題でいざこざが起きているぽいですね。

 本作は、ウィル・ターナーオーランド・ブルーム)やエリザベス(キーラ・ナイトレイ)なども登場すると言われているようで、同作ファンとしては上映が待ち遠しいです。 

 

 

関ヶ原』:8月26日(土)公開

sekigahara-movie.com

 

 司馬遼太郎の小説『関ヶ原』が映画化された作品。「永遠の0」、「海賊とよばれた男」と戦時中戦後で奮闘する主人公を演じた岡田くんが、徳川家康石田三成の対立をどのように演じるのか楽しみです!

 色々探してみたのですが、まだ予告動画はないみたいですね。

 

 

スター・ウォーズ:ザ・ラスト・ジェダイ(原題)』:12月15日(金)公開

 (引用: https://www.youtube.com/embed/3PZNF8kXTqA

 

 先に紹介した「沈黙」にも出演するレン役のアダム・ドライバー、フィン役のジョン・ボイエガ、ポー役のオスカー・ワイルドなどが出演するスターウォーズの最新作。

 先日フィッシャーさんがお亡くなりになりましたが、レイアは出演しないことになるのでしょうか…。

 

 

鋼の錬金術師』:12月公開

 (引用:http://wwws.warnerbros.co.jp/hagarenmovie/

 

 山田涼介エドワード・エルリック、本田翼がウィンリィディーン・フジオカマスタング大佐を演じる漫画「鋼の錬金術師」の実写映画。

 個人的には、鎧だけで動くアルフォンスをどのような映像で表現するのかが気になりますね。

 1作だけで制作する場合、物語のどこまでを描くのかとかも気になりますね。途中まで描いて、作品の興行収入が上々なら続編制作という意向ですかね。

 

 

 

 以上、2017年に個人的に観たい映画14本でした!

 

歴史物、アニメ・小説映画化 、ミステリーに偏った紹介になってしまいましたが、どれも要注目です!

 

 

それでは!